Gスポットの彼とのその後…

RIMG0063_150.jpg

こんばんは…愛子です。

その後、Gスポットの喜びを知ってしまった愛子ですが…
年下の彼とはどうなったのか?ですが。。。

その年下の彼は翌年結婚する事になっていました。
最初で最後のデートをしたのを覚えています。

場所は鎌倉…。
鎌倉にデートに逝くと必ずと言っていいほど別れる…
なーんて、言われている今日この頃ですが、、、
やっぱり別れるんですね(爆)
義経と静御前の嫉妬?なのかな?(笑)

まぁ、鎌倉なんて、行く確率から言ったらたぶん
ほとんどデートコースとしては逝くんじゃないかな?(笑)

まぁ、最初で最後のデートをその年下の彼としました。
小雨が降る日ちょっと寒い日だったのを覚えています。

いつになくよそよそしくて、何だか恥ずかしかったのを覚えてます。
小さい傘に二人でくっついて入って、彼はいつも愛子の腰に
手を回して半分抱き抱える様に歩いていたのを覚えています。

彼は「小柄な女の子に憧れてたけど、愛子を見てると
小柄って小さいって意味だけじゃなくて華奢じゃないと
いけないんだね?」って言ったのを覚えてます(苦笑)

確かに愛子は小さくて、華奢です。
骨自体が細くて、骨格が小さいのです。
自分でも時々困るくらいに(涙)

建長寺で小雨の中、濡れ縁に腰掛けて、お抹茶を飲みながら
お互いの幼少時代の話をしたのを覚えています。
12年離れていても、通じるところはあるんだな…
なんて思いました。

北鎌倉からぶらぶら歩いて鎌倉まで…
色んな話をしました。
もちろん彼の婚約者の話も…。
奪う気は全くなかったのを覚えています。
ただ、今一緒に居る時間を共有していたかった…だけかな?

北鎌倉から鎌倉までの間のどこかの店で
一緒に食事をしたのを覚えています。
海鮮丼食べたかな?彼は海の近くで確か育ったから
魚がとても好きでした。

白魚が食べれられなかった愛子を見て、彼は笑っていた。
言うまでもなく、愛子の白魚も彼は全部食べました(笑)

その日の時間はとても短く感じて…
夕方、別れる間際になって彼は言うんです。
「これからどうしたい?」って(笑)

「ホテル逝く?」って(笑)
もちろん彼が好きだったので「うん」って言いました。

その後は…
想像におまかせします(笑)
ラブホでまったり絡み合っていたのを薄ぼんやりと覚えています。
何度も「愛子の体は気持ち良過ぎるよ…」って言ってました。
その時、ナニがどう?気持ちイイのか分らなかったけど(笑)

その後、彼はめでたく結婚しました。
ちょくちょく友達としてメールが来ていましたが、
子供が出来た…と言うメールが来てから連絡が取れず、
そのまま今に至っています。

きっと、今は子供と可愛い奥さんと一緒に生活しているんでしょう☆
幸せであって欲しい…と、言うのが本音です。

でも、何故期間限定で彼と付き合ったのか?
彼が言うんです…
「確かに今の彼女を愛している…でも、このまま男として
ひとりの女性しか知らないで終わるのが納得いかない…」ってネ。

その気持ち、ある意味理解できたので愛子は期間限定で
彼と楽しい時間を過ごしました。

恋愛って、色んな形があるんですよねぇ…。


■□メンバー登録されると無料で「エロエロラブラブローション」プレゼント♪□■
http://ralphleaf.com
(PCからでも携帯からでも登録できます♪)

【2006/02/19 17:26】 エロエロ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
top>>