タマタマはどこへ?

p028_150.jpg

ラルフリーフ事務局ラブグッズ担当の山本愛子です。

今日から仕事ですよ〜!
正直だるいですー!

…って、こんなこと言ってると店長に(汗)
真面目に今週も、仕事します…。。。はは(汗)

今日のタイトル気になりますよね(笑)
そうなんですよ!!!!!

実は、先週の金曜日、あの台風の日に、愛子の愛猫のクロネコ小僧が、
タマタマを取る手術に行ったのです。

会社は10時からなので、あの強風の大雨の中、車でしたが、
濡れネズミ状態になりながら、9時までに動物病院に連れて行きました。

本当はシーズン(発情期)前に、去勢手術をしたかったのですが、
愛子の仕事が忙しく、それにかまけて、連れていけませんでした(汗)

もう、拾ってきてから1年は経ちます。
本来ならば生後6ヶ月で、手術をします。>歴代の犬猫たち♪

可哀相なことに、シーズンが来てしまい、慌てたのは愛子でした。
男の子の猫は、発情期に入ると、いつもとは違うオシッコをします。

そして、女の子とはまた違った、鳴き方をするのです。
『あぁ…、間に合わなかった(涙)』と、内心思った愛子です。

オシッコの匂いもとてもキツイ匂いになり、泣き声もやはり女の子を
呼んでいるような、鳴き方をするのです(涙)

聞いている愛子の方が、何となく切なくなってしまいます。
慌てて、動物病院に電話をして、予約を入れたのです。

その日が、台風直撃の日だとは(苦笑)
皮肉なものですねぇ…あはは(笑)

愛子の信頼している動物病院では、女の子の場合は、子宮全摘出です。
男の子の場合は、精巣(睾丸)全摘出の手術をします。

なぜかというと、先生曰く、
『生殖器からの病気を防ぐため』だそうです。

男の子は、日帰りで帰れますが、女の子は一泊します。
クロネコ小僧は、日帰りでした。

拾ってきてから、完全に家猫状態だったので、初めて外に出て、
とても、不安そうに内弁慶のクロネコ小僧は鳴いていました。

先生に預けて、よろしくお願いします…と、言って別れてきました。
ちょっと、愛子も不安でしたが、先生曰く、
『本人も(猫)知らないうちに終ってるから大丈夫だよ♪』でした(笑)

ちょっと、会社で仕事をしていても、気になってしまって仕方がなかったのです。
家族ですから、当たり前ですかね?(笑)

19時に仕事を上がり、動物病院は20時までだったので、早々迎えに行きました。
台風は相変わらずで、雨と風が凄かったです!!!!

動物病院につくと、やはりこんな台風の日は、患者さんも来ないらしく?
いつもと違い?先生もくつろいで?いました(笑)

いよいよ、クロネコ小僧登場!
愛子の顔を見るなり、『にゃぁ〜!!!!』と、心なしか、弱げに鳴くのです。

先生に『タマタマは完全に取っちゃったんですか?』と聞くと、
『ええ…こんな感じに、完全に男の子は取っちゃいます!!』と見せられました。

あぁ〜!クロネコ小僧のタマタマがぁ〜?どこへ行っちゃったのぉ〜?
って、感じで、半分、泣きが入った愛子でした(苦笑)

完全に、あの立派なタマタマは無くなっていました。
まだ、麻酔が効いていて、クロネコ小僧は夢うつつ…。。。

先生が、帰り際に…
『今晩は、麻酔が効いているので、こんな感じでぼ〜っとしてますから』とのことでした。

いつものやんちゃぶりはどこへやらやら〜?
ちょっと、可哀相に感じた愛子ですが、これも飼い主の義務です!!!

動物には、人間と違って、生殖に関しての自由はありません。
発情期が来れば、交配して、子孫を残す…その選択しかありません。

人間には、逆に、繁殖する自由、しない自由があるのです。
その『繁殖する自由、繁殖しない自由』というものを、人として忘れてはいけないのです

動物に関して言えば、その選択枠を設けるのも飼い主の役割だと感じます。
去勢なんて可哀相…と、言う人もいるかと思います。

しかし、動物には、選択の自由が無いのです。
ただ、本能に任せて、繁殖の道をたどるしかないのです。

でも、人間は違うのです。
『選択する自由!』があるのです。

それを忘れないで欲しいと感じます。
コンドームひとつで、あなたの人生が、ある意味、良くも悪くも変わるのです。

動物の去勢の話しから、このような話になるのはどうかと感じますが、
極端に言えば、『人間は動物とは違う自由意志決定権を持っている!』と、言うことです。

人にはふたつの性がります。
ひとつは『生殖の性』。
もうひとつは『快楽の性』です。

両方あって、人なのです。
動物と違うところはここかもしれません。

コンドーム無しで、セックスをしてしまいHIVや
B型C型肝炎に感染してしまった人を知っています。
そして、その人たちは、今も苦しみ、後悔しています…。

この人たちの人生を狂わせたのはなんなのでしょう?
何が原因だったのでしょうか?

たったひとつのコンドームが、
あなたの人生を変えるのです…。


▽▲メンバー登録されると無料で『高級ラブローション』プレゼント♪▲▽
ラルフリーフ事務局
↓愛子に御用のある方はこちらのアドレスで♪
aiko@ralphleaf.com

【2006/10/10 13:44】 コンドーム | TRACKBACK(-) | COMMENT(2)
top>>