コミュニュケーション♪

F_150.jpg

ラルフリーフ事務局アダルトグッズ・ショプ担当の山本愛子です。

今日はまたまた、肌寒くて、風邪引きそうな天気です。
こんな日は、またまた仕サボって、ぬくぬく自宅のベットで寝ていたいと思う愛子です(笑)

怠け癖がいつまでたっても抜け切れない愛子です(苦笑)
…って、こんなこと書いてると店長に睨まれます(汗

今週も明日までなので、頑張りましょう〜♪

今日は、最近、彼との間で気がついたことについて書いてみたいと思います。
彼と愛子は結構、第三者から見たら、ちょっとオカシイ?かも?デス!?

よく愛子たちは、えっちが終った後も、その最中でも、話しをします。
普通はどうなんでしょう?>ご意見頂けるとうれしいです。

『どこが感じる?』とか『ここはどう?』とか…
『じゃぁ、これは?』とか…。

えっちが終った後でも、ミーティング?のように、お互いの身体の
気持ちよかったところとか、話し合います??

ちょっと変わってますよね?(笑)
自分でも変わってると感じたりします…

彼は良く褒めてもくれます。
『最近、フェラ上手くなったよな?勉強した?』とか言ってくれます(笑)

フェラを続けていると彼は段々と気持ちよくなってきたのか??
『それ以上はやめろ〜!!出るぅ〜!!』といいます(笑)

ここで、果ててしまわれては、愛子も困るので辞めるのですが(笑)
フェラに関して言えば、愛情が無いと、本当にできないと感じます。

確かに『フェラチオ&クンニリングス』の本は持っています。
結構、レディコミよりもエロいじゃん?と、感じながら、読んだりしています(笑)

やはり、相手に気持ちよくなってもらいたい気持ちがあるので、
どうしても参考書として、『フェラチオ&クンニリングス』の本は読みます。

その参考書を読んで、今度は自分のオリジナルなフェラを考えていくのです。
それもまた、楽しみのひとつでもあるのです。

先日のオルガスターえっちの後も、お互い話したりしました。
『どう気持ち良かったのか?』彼は聞くのです。

『やっぱり大きいし、クリを刺激する振動が、本体にまで流れてきて、
膣の中まで、刺激されてるように感じて、とても気持ちいいよ♪』と愛子は答えます。

『オルガスター』に関して言えば、本体部分は振動しません。
…が、クリトリスを刺激する部分のバイブの振動が、本体にまで流れてくるのです。

膣圧をとても上げるので、使っている間は、ガンガンに感じてしまい、
括約筋を締め上げているのが、自分でも分ります。

括約筋が鍛えられるので、オルガスターを使った後は、
彼が痛がるほど、膣が絞まるのです♪

そういう話しを、えっちが終った後に、彼とするのです(笑)
すると…彼は『じゃ、次はダブルローターで遊ぼう〜♪』というのです。

確かに、愛子は『ダブルローター』も持っています(笑)

昔からの癖で、百貨店で働いていた時から、自分の担当する商品を
買いあさり、自宅で喜んで使っていました(笑)

百貨店で働いていた時は、日本のタオルメーカーの中では
トップクラスの某大手タオルメーカーに勤務していました。

相手はタオルなので、タオルは山ほどありました(笑)
今でもその癖が抜けず、タオルは山のようにありますが、
百貨店で働いていた時の、某大手メーカーのタオルのような質のいいタオルには出会えていません(涙)

あ!話しがそれましたが…
えっちが終った後に、こんなに会話ができる男性と、愛子は初めて出会いました(笑)

よく二人で…
『愛子たちっておかしいよね?えっちの最中とか、後に感想言うなんて(笑)』
そういっては、笑っています。

彼は言うのです…
『お互いが、それだけセックスに対して、全てを受け入れる状態にあるから、お互い嫌な顔もせず、
話せるるんじゃないか?それに聞くこともできるんじゃないか?
それに、もし、片方が、そんなこと言われるのは嫌だからやめてよ!って言ったら、そこで終わりだぜ!!』
とも言うのです。

確かにそうだと感じました。
それに、とてもセックスとは陰な部分でもあり、本能的に隠したり、
話したりしたがらないものだとも感じるのです。

その人として、一番ダークな部分をお互いさらけ出して、話しができるとは
ある意味、とてもしあわせなことだと思うのです。

単に性欲を処理する為のセックスではなく、より、お互いを知ろうとする、
とても前向きで、明るいセックスを、愛子たちは求めているのかもしれません。


…って、こんなこと書くと、とてもラブラブで、仲良しで、喧嘩もしないように見えますよね?(笑)
でも、実は、喧嘩をすると、とても激しいです!!!(爆)

この前も、愛子が寝ようとしたときに、彼から電話がありました。
今まで抑えてきたものを、ぶちまけるかのように?マシンガントークです!(爆)

『あぁ〜!!仕事でストレス溜まってるのねぇ…。火付け役は愛子だったのかぁ〜?』
などと、ある意味、のほほんとして、彼のマシンガントークを聞いていました(笑)

翌日は彼にメールします…
『少しはすっきりした?(笑)愛子も悪かったと思ってる…ごめんね』って(笑)

その『ごめんね…』の一言で、もう全ては解決します。
『ありがとう』と、『ごめんなさい』はたくさん心に持っていて損は無いです(笑)

素直にありがとう、ごめんなさい…が言える関係とは、とても良い関係なのだな?
とも感じました。

彼も、自分が悪かったと感じると、夜中でもケータイにメールしてきます。
『俺が悪かった…すまんm(__)m』なんてメールです(笑)


コミュニケーションとは、とても大切だと思う、今日この頃です…♪


▽▲メンバー登録されると無料で『高級ラブローション』プレゼント♪▲▽
ラルフリーフ事務局
↓愛子に御用のある方はこちらのアドレスで♪
aiko@ralphleaf.com

【2006/10/26 16:16】 フェラチオ&クンニリングス | TRACKBACK(-) | COMMENT(4)
top>>