セックスレスについて考える…?

p046.jpg

ラルフリーフ事務局アダルトグッズ・ショプ担当の山本愛子です。

今日はまたいい天気ですね♪
でも昼過ぎから雨とか、天気予報で言っていました。

ひと雨ごとに、寒くなってくるのかなぁ〜?
寒いのも暑いのも苦手な愛子デス!(苦笑)>単なる怠け者??

今日は、また、セックスレスについて考えてみたいと思います。
女性って、ある意味、男性よりも演じる役が多くて大変だと感じます。

男性と付き合っている時は、彼女であり、女です。
しかし、結婚すると、妻であり、女でもあるのです。

そして、子供が生まれると、今度は母親の役を演じなければなりません。
舅、姑が居れば、今度は嫁を演じるのです。

なんと大変なコトでしょう…。
考えただけでも、頭の中はぐちゃぐちゃで、目がグルグル回りマス!!

そんな中で、一時的に、自分は女であることを、やめてしまおう!!!と、
考えたとしても、ある意味、不思議でもないかと思われます。

メンタルな部分はとても大きいです。
これが、女性がセックスをしたがらない、数多くある原因のひとつ??かもしれません。

それと、セックスに対する、過去の苦い思い出も作用するのではないでしょうか?
セックスで、過去にツライ思い出ばかりだと、やはりセックスに対して臆病になります。

男性も同じように、過去に苦い思い出などがあると、それが心のしこりになり、
セックスができなくなるのと同じだと思うのです。

愛子もセックスレスでは散々悩んだひとりです(苦笑)
未だに、なぜ?昔の彼はセックスを拒否し始めたのだろうか?と考えます。

お互い、腹をわって話し合えなかった…それもひとつの原因かもしれません。
一時期は、昔の彼を、随分と責めていた自分がいました。

今では、責める気持ちはありません。
むしろ、自分にも落ち度があったのではないか?と感じています。

話しは戻りますが、女性はどうしても子供を持つと、母親を演じなくてはなりません。
昔のように、二人だけの甘い生活とは違い、子供を育てる!!と、言う責任感も湧きます。

いつも母親を演じているので、女である部分である自分を否定する人もいると聞きます。
女である部分の自分に、嫌悪感を感じてしまい、パートナーとのセックスを拒否するのです。

男性も同じように、パートナーが『母親』を演じ始めてから、
女としてパートナーを見られなくなり、セックスを拒否する人もいると聞きます。

パートナーとの間にある危機感を感じていれば、自分からどうしたらよいか?と、
考えられると思うのですが、『どうでもいいよ〜!!そんなこと!!』と、なっては二人の仲は改善されません。

セックスをしなくなると、不思議と、手もつながなくなります。
とても些細なことですが、手をつなぐという行為は、とても大切だと思うのです。
ハグも同じだと思います。

こんなときはどうしたらいいのか?悩みますよね…。
愛子は、こんなとき、自分自身と向き合ってみます。

とても勇気が必要です。
なぜ?って?見たくない自分が、たくさん出てくるからです。
でも、勇気を持って、自分自身に問いかけてみます。

どんなに時間がかかってもいいのです。
どんなに醜い自分が出てきてもよいのです。

自分と向き合うとは、とても勇気がいります。
とても怖いからです。

しかし、あえて自分自身と向き合ってみると、イロイロなものが出てきます。
それを、ひとつひとつ、見ていくうちに、何かが見えてきます。

セックスレスになるのも、必ず原因はあると思うのです。
自分にも、パートナーにも…。

相手を責めるだけでなく、自分自身と向き合ってみる…
これは、必要だと感じます。

70歳になっても80歳になっても、
彼と手をつないで、一緒に歩いていきたいと感じる愛子です。


▽▲メンバー登録されると無料で『高級ラブローション』プレゼント♪▲▽
ラルフリーフ事務局
↓愛子に御用のある方はこちらのアドレスで♪
aiko@ralphleaf.com

【2006/10/27 14:25】 アナルセックス | TRACKBACK(-) | COMMENT(8)
top>>