持続時間はどれくらい??

p025.jpg

ラルフリーフ事務局アダルトグッズ・ショプ担当の山本愛子です。

今朝はとても寒かったです。
桜もまだこの寒さでは咲かないのかなぁ〜??

さて、先日男性の勃起持続時間が短く、すぐにイッてしまってものたりない…
と、いう女性の意見の話を書きました。

今日は、この男性の『勃起持続時間』について書いてみようと思います。
セックスにおいて男性がもっとも気にかけているのは『持続時間』ではないかと思います。

持続時間、すなわち男の甲斐性と、感じている男性も多いと思います。
では、一体何分くらい保たれていればいいのでしょう??

ある説では『適切な性交時間とは、ふたりが相互に満足できる時間』と定義しています。
したがって、これよりも短い場合を早漏と定義するようです。

ちょっと漠然としていますね。
早漏の定義は学者によってさまざまです。

早漏治療が必要な対象として、ある学者は2分以内としています。
別の学者は60秒以内としているのです。

ここで1分の差が出てきますね。
別のデータもあります。

1000人の女性を対象にしたアンケート調査です。
この調査では挿入から、射精までの希望時間の平均は15.7分でした。

この結果に基づき考えてみると、持続時間が15分未満を早漏と定義できるといわれています。
15分が女性が求める平均的な希望時間になるようです。

しかし、やはり女性でも個人差があると思うのです。
ある女性は5分でも良いと感じ、極端に言えば1分でも満足すると感じれば、
それは早漏ということにはなりません。

その逆に、15分でもものたりなさを感じるというのであれば、
男性に早漏治療の必要があるといえるのです。

こうなると、やはり相手の女性の満足度次第??ということになります。
女性は性的興奮を得てから5分以内でオーガズムに達するといわれています。

この女性のオーガズムを感じる時間をみても、
それほど長い時間は必要ないということになります。

しかし、男性はとても悩みますよね…
確かに、自分が早漏ではないか?と悩んでいる男性は多いのです。

男性の悩みは『勃起障害よりも早漏のほうが多い』とも言われています。
でも、愛子は感じるのですが、遅漏も女性は苦痛に感じると思います。

愛子の過去の恋愛話からで申し訳ないのですが…
遅漏の男性と付き合った経験があります。

その当時の彼は、どうやら『長いピストン運動が女性を喜ばせるものだ!!』と思っていたようです。
しかし、愛子は性的興奮を得てから、やはり5分以内でオーガズムに達します。

その後、挿入してからのピストン運動が、とても長くなると非常に体力を消耗します。
そして、感情的にもとても『しらけ』てきてしまい、疲れてくるのです。

それに、長いピストン運動は女性の膣壁を傷つけ、擦過傷を起こします。
愛子もその当時、えっちの後はいつも痛くて仕方がありませんでした。

このようなことを考えてみると、やはり大切になるのは
パートナーとの話し合いになるのではないでしょうか??

パートナーとよく話し合い、相手の女性がどれだけの時間で満足できるのか?
それを聞いてみるのも、お互いのより良いセックスを築くひとつであるように感じます。

そして、もし男性が自分は早漏ではないか?と感じたら、
コンドームをつけてセックスをしてみてください。

たとえ薄さ0.03mmでもやはり違うのです。
普段よりもちょっと長い持続時間を経験できると思います。

より良いセックスはお互いのコミュニケーションが大切ですね♪


※今回、とても尊敬する北村邦夫先生の言葉を一部引用させていただきました。
ありがとうございます。

◆メンバー登録されると無料で『お試しローション』プレゼント♪◆
ラルフリーフ事務局

↓愛子に御用のある方はこちらまで♪↓
aiko@ralphleaf.com

【2007/03/14 10:47】 コンドーム | TRACKBACK(-) | COMMENT(3)
top>>