季節の変わり目と欝の関係?

RIMG0138.jpg

ラルフリーフ事務局ラブグッズ担当の山本愛子です。

今日はすがすがしい、と、言うか、暑いです!!!!
また、夏が来たのかと思うような天気です。

こんな不安定なお天気だと、体調崩しますよね。
気をつけてください♪

今日は、このお天気と、うつ病に関することを書こうかと思います。
最近では確か?3人に1人はうつ病だ!などといわれています。
※間違っていたらごめんなさい>ご意見頂けると嬉しいです♪

程度の差こそあれ、うつ病なのは確かです。
なぜ、こんなにも現代人がうつ病になったのか?

よく5月病などという言葉があります。
これも、ある意味うつ病と関係があるようです。

友人に精神科の医師がいるのですが、やはり5月以降
夏が来るまでの間、『にわかうつ病患者が増える』らしいです。

友人の医師が言うには、『気圧と脳に関係がある』…と、言っていました。
まだ、研究されている途中で、ハッキリとしたことは分からないそうですが…。

確かに、今日のように気圧が高い良い天気だと、なんとなく気分爽快です♪

しかし、朝から雨だと、気分的にも、どうも落ちている感じになったりしませんか?
それは、気圧が脳に影響を与えているからだと、言われています。

世界的に見ても、うつ病患者が一番多いのはイギリスだという統計も出ています。
なぜ、イギリスなのでしょうか?

イギリスの気候を考えてみると理解できます。
しとしとと、雨の日が多いイギリス。気圧も低いです。

なので、脳に影響を与えても、おかしくはないのです。
気分的にも落ち気味になってしまい、内向的になりやすい気候です。

日本でも北と南では、やはり違います。
北の寒い地方で生活している人は、冬は寒さからどうしても家にこもりがちで
内向的な性格になりやすい…と、言う統計も出ています。

逆に、南の暖かい気候の場所で生活している人は、
おおらかな性格の人が多く、小さいことは余り気にしないようです。

そうすると、やはりハワイが一番いいのかなぁ?なんて思います(笑)
ハワイは最高です!世界の聖地ですから…。。>行きたいですよ〜♪

日本でも今は9月です。5月と同じように不安定な天気です。
今日は良い天気でも、明日はまた冷たい雨…。。。

そんなこんなを繰り返しながら、冬に向かっていくのでしょう。
日本は四季があり、とても食べ物も季節に合わせて豊かです。

しかし、生活するには、かなりしんどいなぁ…と、感じてしまいます(苦笑)
愛子も、雨降りの朝などは、会社をサボりたくなります(笑)

愛子はイギリスでは生活できません(笑)
沖縄とかなら、元気ハツラツ♪で生活できそうです(笑)

しかし、北海道の夏などは、関東とは違いとてもよいですね。
北海道は梅雨もないし。東北の夏は、とても涼しいです♪

さて、こんな季節豊かな日本です>ある意味?(笑)
少しでも、気持ちよく、気分良く生活したいですよね。

四季があるのは、日本で生活していたら仕方が無いことです。
でも、その代わり、とても食は豊かだと思います。

これからは、食べ物が美味しい季節♪
愛子もちょっと食べすぎちゃいます(苦笑)

しかし、やはり、雨降りや天気の悪い日は憂鬱…
そんな時は、バスタブにお湯を張って、ゆっくりお風呂に入りましょう♪

最近ではハーブ配合のローションが出ています。
精神的にとてもリラックスできるイランイランのハーブです。

イランイランというハーブは…
緊張をほぐし、憂鬱な気分を抑え、不安感や高血圧、
月経前症候群や不感症などの症状を緩和するといわれています。


愛子もハーブは好きで、育てたことは無いですが、お茶などで
よく飲んだりします♪

ローションで登場♪には、ちょっと驚きましたが、嬉しかったです。
お風呂で、ゆったりした気分になり、ローションをぬるま湯で薄めて、

体をマッサージするように塗っていく…
香りもイランイランの香りなので、とても気分が落ち着きます。

マッサージと香りの相乗効果は、やはり心地よいです。
ちょっと、今日は憂鬱だな…なんて思ったら…

『ピュアエッセンスα(イランイラン)』がオススメです♪

毎日頑張っているあなた自身に、ご褒美として
ゆったりしたバスタイムをプレゼントして下さい。


癒されていいのです♪癒されてください♪


▽▲メンバー登録されると無料で『高級ラブローション』プレゼント♪▲▽
ラルフリーフ事務局
↓愛子に御用のある方はこちらのアドレスで♪
aiko@ralphleaf.com

【2006/09/28 14:05】 ローション | TRACKBACK(-) | COMMENT(6)
top>>

【 Onigiriman-8さんへ。 】

Onigiriman-8さんへ。

コメントありがとう(^^)

>こんばんは。
こんばんは♪

>今回は鬱病についてですね。
>正直、僕も今年の春頃は鬱にかかっていたんやないか、って思うています。
>何もやりたくないし、何でもカンでも逃げてしまいたいって思うことばっかり。
>会社へ行くのもイヤやったし、休みの日は引きこもっていることもあったぐらい・・・。
>何が原因で治ってしまった?のかわかりませんが・・・。
気付いたら、普通の生活に戻っていましたね・・・。

多分、その時期、軽いうつ状態だったのではないでしょうか?
しかし、Onigiriman-8さんの持ち前の、前向きな性格などもあり緩和されて、自然治癒したのではないでしょうか?

>鬱病は誰にでも起こるものやと思います。

そう思います。
プチ欝患者はたくさんいます。

>ただ、意外と自分が鬱にかかっているって思うている人は少ないんじゃないんですかね?

そうなんです。
認めたくないのだと思うのです。

>だから、気が付かずに重度の鬱病に陥る傾向にあるんやと思います。

そうれはありますね。
認めることもしたくないし、自分で気がつこうともしたくないとなると、重度の症状になります…
以外と、他人から言われて、初めて精神科に行った人は多いです…

今日もありがとうございます。

【2006/09/29 17:50】  URL | 愛子。 [ 編集]
top>>

【 ぱぱさんへ。 】

ぱぱさんへ。

コメントありがとうです(^^)

ぱぱさんは、とてもおおらかな性格ですね。
それが、健康にはとても良いのだと思います♪

愛子も一緒に飲みたくなります!!!!(笑)
でも、遠いですものね…

愛子を酒のさかなに飲んでください。
ぱぱさんのコメントには、いつも愛子は癒されます。
それは、きっと、そのおおらかな性格だからかなぁ〜?(笑)
とっても落ち着くんですw

いつもいつもありがとうございます。

【2006/09/29 17:46】  URL | 愛子。 [ 編集]
top>>

【 ゆん♪さんへ。 】

ゆん♪さんへ。

コメントありがとうございます。

>愛子さん、こんにちは。
>僕は自他共に認める鬱病患者でブログでもたまに書いてます。

そうだったのですか…知りませんでした…
それも、ブログでこうして申告してくださり、その心の優しさ深さを感じます。
普通は、隠したいものです。
周りからは、とても理解されにくい病ですし…
ありがとうございます!!!!

>日本人の3人に1人が鬱症候群といわれているのは確かです。

良かったです♪

>で、10人に1人が仮面鬱症候群といわれ自分でも気づかないうちに
>鬱病にかかり、死にたくなくても発作的に衝動的に自殺する者がいるようですよ。

それも、聞きいたことがあります。
ちょっとうる覚えだったので、書けませんでした(苦笑)
書いてくださり、ありがとうございます。

>神経質な日本人と楽天的なアメリカ人を比べるとよく分かるようですけど
>日本人は不安神経というのがアメリカ人よりも3倍大きく不安を感じ
>逆に、快感神経はアメリカ人の方が日本人よりも3倍大きいと言われてるようです。

確かに、精神科医の友人も話していました。
日本人には不安神経症の人が多いらしいです。

>これは以前テレビで放送してたんだけど
>日本とアメリカの性生活の割合を象徴しているような感じを受けました。

それも、ありますね。
風土の違いや気候の違い…

日本人は、とても内向的な性格だと思います。
なので、性に対しても、とても非常に、当たり障りないようにしてきました。
しかし、本当は、真実を知りたいのだと思うのです。

快楽=罪という考え方は、多分、西洋からの思想が持ち込まれてからだと思います。

江戸時代では、性はとてもオープンな時代だったのです。
春画がそれを物語っています。
おとなのおもちゃもすでにありました。

うつ病とは、ある意味、現代人の病気のような気がします。
周りの友人でも、数人いるので、見ていてとても苦しいです。

ゆん♪さんも、ゆっくり治してくださいね。
自然治癒しか無いと、精神科の友人も話していました。

今回は、本当にありがとうございます。


【2006/09/29 17:43】  URL | 愛子。 [ 編集]
top>>

【 鬱病 】

こんばんは。
今回は鬱病についてですね。

正直、僕も今年の春頃は鬱にかかっていたんやないか、って思うています。
何もやりたくないし、何でもカンでも逃げてしまいたいって思うことばっかり。
会社へ行くのもイヤやったし、休みの日は引きこもっていることもあったぐらい・・・。
何が原因で治ってしまった?のかわかりませんが・・・。
気付いたら、普通の生活に戻っていましたね・・・。

鬱病は誰にでも起こるものやと思います。
ただ、意外と自分が鬱にかかっているって思うている人は少ないんじゃないんですかね?
だから、気が付かずに重度の鬱病に陥る傾向にあるんやと思います。

【2006/09/28 19:28】  URL | Onigiriman-8(coimo-racing) [ 編集]
top>>

【 こんばんわ。。。。 】

こんばんわ、
そう、そうなんだ・・・・・
じゃ、PaPa 今、うつなのかな・・・・・??
ッテ・・・・単なる、落ち込みなだけかも・・・・・
雨でも、曇りでも、同じテンション・・・・・・
単なる・・・・馬鹿だったりしてね。。。

味覚の秋、気仙沼に、でも行って、
いつもの、居酒屋で、サメの心臓でも、
食べてこようっと、・・・・・・

ついでに、ふかひれの、黄金のお寿司ね、
これと、一の蔵が合うんだよね。。。。。

ついでに、秋刀魚、のわたの部分ね。。。
塩焼きにしたところに、大根おろしで、
しょうゆをちょこっとたらして、ほろ苦いのが
またまた、お酒と合うんだょ・・・・

明日、あさって、蒸発して、行っちゃうかな・・・・笑
これじゃ、今日のブログタイトル壊しにきたみたい。。。。

愛子さん、ごめんね。。。。。食欲の秋です。。。。
一緒に、飲みに行きましょうか、ね。。。。。
お迎えに・・・行きますよ。。。。笑

またきますね。。。。。。

【2006/09/28 18:24】  URL | papa [ 編集]
top>>

【 こんにちは♪ 】

愛子さん、こんにちは。
僕は自他共に認める鬱病患者でブログでもたまに書いてます。
日本人の3人に1人が鬱症候群といわれているのは確かです。
で、10人に1人が仮面鬱症候群といわれ自分でも気づかないうちに
鬱病にかかり、死にたくなくても発作的に衝動的に自殺する者がいるようですよ。

神経質な日本人と楽天的なアメリカ人を比べるとよく分かるようですけど
日本人は不安神経というのがアメリカ人よりも3倍大きく不安を感じ
逆に、快感神経はアメリカ人の方が日本人よりも3倍大きいと言われてるようです。
これは以前テレビで放送してたんだけど
日本とアメリカの性生活の割合を象徴しているような感じを受けました。

【2006/09/28 17:38】  URL | ♪ゆん♪ [ 編集]
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>