ふれあうということ…

p025.jpg

ラルフリーフ事務局アダルトグッズ・ショプ担当の山本愛子です。

今日は昨日よりも暖かですね。
でも、週末はお天気悪いようで…ちょっと哀しいです(涙)
別に、どこにも行かないのですが(笑)

今日は『ふれあうこと』について書こうかと思います。
いつ、どこで、聞いたのか?本で読んだのか?定かではありませんが、
こんな、話しを耳にしたことがあります。

多分、18世紀くらいのお話だったと思います。>間違ってたらごめんなさい。
ある学者が親の居ない、孤児の赤ちゃんを10人集めて行なった実験がありました。

場所は定かではありませんが、多分ヨーロッパだったような気がします。
この孤児である10人の赤ちゃんを、二つのグループに分けます。

行なう実験は二つのグループとも同じです。
毎回決まった時間にミルクを与えます。

しかし、違うのは、Aというグループの赤ちゃんには、乳母が毎回ミルクを
与える時に、赤ちゃんを抱き上げ、話しかけ、見つめて、抱きしめるのです。

もうひとつのBというグループでは、ミルクはあげるものの、
抱き上げたり、ふれたり、話しかけたり、見つめたり、抱きしめたりしません。

この実験を数ヶ月行なったといいます。
そして、その実験結果ですが、驚くことに!!!!

Aのグループの赤ちゃんは、すくすくと、育っていきました。
しかし、Bのグループの赤ちゃんは、ミルクをあげているにもかかわらず、
日に日に、衰弱し始めたといいます。

そして、最後には、Bのグループの赤ちゃんは、
全員5人とも、死んでしまったそうです!!!!!

これを聞いたとき、なんてむごくて、怖ろしい実験をするのだろう???
と、感じたのは、言うまでもありません。

しかし、この実験で分ったことは、人は、ふれあうことなくして、
生きていくことはできない!!! と、いうことでした。

抱きしめて、見つめあい、そして語りかける…
セックスでも同じことが言えると思うのです。

タオイズム(道教)では、座位がもっとも、癒しの効果があるといわれています。
哺乳類の中で、座位で向き合って、交尾をする動物は居ないように思えます。

そうなると、益々、人間とは、セックスは生殖だけのものではなく、
癒しをもたらすものであると、思うのです。

座位は女性上位のバリエーションのひとつで、まさしく癒しの体位なのです。
平行した体勢で、抱き合うことにより親密さが増し、癒しの効果も大きくなるといわれています。

心を込めて体をつなげるとき、お互いのエネルギーを循環させる時に、
もっとも最適な体位だといわれています。

この座位という体位は、挿入するときも、とても穏やかであり、
決して、激しいピストン運動をするような体位ではありません。

愛子も彼とのセックスで経験があるのですが、この座位は、
とても穏やかで、緩やかで、とても気持ちが休まるのです。

この座位で、お互いを見つめあい、キスをしあう…
とても、お互いの優しさや、思いやり、心を感じるのです。

そして、セックスが終った後の、何とも言えない充実感…
とても、心も体も満たされ、癒されたと感じるのです。

愛子は、激しいセックスも、このタオイズム(道教)の教えの
スローセックスも、両方好きです(笑)

その時々で、お互い、穏やかな時もあり、激しいときもあります(苦笑)
まだまだ、タオイズムのセックスには程遠いですが…。。。

年齢を増すごとに、段々とスローセックスもできるのかな?
…なんて、感じているこの頃です。

お互い抱きしめて、見つめあい、キスをするだけでも、
人は癒されるのだと思うのです。

心に感じるセックスは、まさに癒しそのものです。

■X’mas特集♪■
12月15日までの限定です!!
3000円以上お買い上げの方に幸運を呼ぶ『エンジェルスプーン』プレゼント♪

◆メンバー登録されると無料で『お試しローション』プレゼント♪◆
ラルフリーフ事務局

↓愛子に御用のある方はこちらまで♪↓
aiko@ralphleaf.com

【2006/11/21 15:04】 スローセックス | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>