ひめはじめ♪

RIMG0115_150.jpg

ちょっとご無沙汰してました。
ラルフリーフ事務局アダルトグッズ・ショプ担当の山本愛子です。

先週は、なんとも正月ボケをしている暇もなく??なんとなく小忙しかった愛子です。
ブログまで手が回らなくて、書けなくてスミマセン!!!

ところで…
『ひめはじめ』しちゃいました♪

先週末に彼がお泊りに来たのです♪
仙台に行って以来、彼も3日から仕事だったので逢えなかったのです(涙)

土曜日の夕方に彼と食事に行きました。
『カニが食べたい!!!!』と、愛子が騒ぐので、彼は仕方が無く???

レッドロブスターに連れて行ってくれました??
カニとは違うけど、同じ甲殻類だからいいかな?なんて思いながら(苦笑)

何だかレッドロブスターで、しこたま食べてしまった愛子です♪
実はレッドロブスターは大好きです!!(笑)

1匹ボイルしてもらって、彼とふたりで堪能しました☆
やっぱり、ロブスターって美味しいから好きです♪

でも、ロブスターの好き嫌いって、結構別れますよね??(笑)
『だって、大きなザリガニぢゃん!!』って言われればそれまでです(涙)

それはさておき…
愛子の自宅に着いてから、もう彼も準備万端???

キッチンで食後のコーヒーなんかを、のんびりと飲んでいた愛子デス!!
すると?? いつものように、背後から彼が近寄ってきて、愛子の体をぎゅぅぅううう!!!っと、するのです♪

『どしたの?酔っ払ってるン??』
『別に酔ってないよ? ただこうしていたいだけ…』

そういいながらも、背後から彼は愛子のうなじにキスしてきます。
去年の暮れに、また髪を短くした愛子です。

後ろから見ると、うなじがよく見えるのです。
そのうなじを、彼は舌でなぞりながら、ゆっくりと舐め上げていくのです…。

そんなことされたら、感じるに決まってるじゃないですかっ!!!!(笑)
でも、それがなんとも言えず、気持ちよくて、思わず声が出た愛子です(苦笑)

『愛子最近、痩せたな??』
『そうかな?? そんなこと無いと思うけど??(内心嬉しい♪)』

そんな会話をしている間も彼は愛子の胸を強く揉みあげるのです。
彼は巨乳の女性が苦手らしく?? 愛子のような貧乳が好きなようです??

『愛子の胸は、俺の手の中に納まるから好きなんだよ。それに敏感だしな…』
『え?? 貧乳の愛子としては、そんなこと言われると嬉しいよ♪』

そういいながら、唇にキスをしてくれる彼です。
まったりした、お互いの唇をなめまわすようにする、彼独特のキス…

それだけで、立っていられなくなるくらいに、感じてしまう愛子です。
唇にキスをしながら、またうなじや首筋にキスをしてくる彼です。

愛子の体の大事な花びらはすでに大洪水!!!!
そんなのお構い無しに、彼は愛撫してくるのです。

もう、すでにキッチンに立っていられない状態になってきました。
すると彼は、愛子を軽々と抱きかかえて、ベットへと連れて行きます。

キスをしながら、愛子の洋服を一枚、一枚脱がせていく彼です。
もう、何をされているのか分らないくらいに感じていました。

『今日は何して遊ぶ?? こんなに濡れてるよ??(ニヤリ)』
『え?? (焦)』
『オルガスターにするか??』
『う、うん…(恥)』

それ以上何も言えなくなった愛子です。
彼は、おもちゃのある場所をしっているので、そこからオルガスターを持ってきました。

しかし、その前に身体中を愛撫されまくった愛子です。
Gスポットをその日は、すんなりと探り当てた彼です。

こんなにカンタンにGスポットを探り当てられたということは??
愛子も相当性的に、興奮していた証拠でもあるようです。

そしてもっとGスポットを指で刺激してくるのです。
Gスポットを刺激されると、頭の中が真っ白になる愛子です。

『溜まってるよ?? こんなに??』
『え?? 自分では分らないよ〜!!』
『出そうだよ?? 出すか??(ニヤリ)』
『あ…ん…』

彼は愛子のその姿を見ると、もっとGスポットを刺激してきました。
頭が真っ白になったとき、愛子は久しぶりに潮を吹かされたのです。

それを見た彼は、とても満足そうでした。
Gスポットで潮吹きをされて、ぐったりしてしまった愛子です。

そんなぐったりした状態で、彼は今度オルガビッグを持ってきました。
今日の彼はとても、とてもドSデス!!!!

オルガビッグで散々、攻められて、もう失神寸前だった愛子です。
その愛子が感じている姿を見るのが、彼には最高の幸せな時間なのです。

その後の彼は、とても優しくキスしてくれました。
愛子はもう、彼のペニスが欲しくて欲しくて仕方がありませんでした。

それを彼に話すと、また言葉攻めです(苦笑)
散々いやらしいことを言わされ、愛子は半泣き状態でした。

とても久々のえっちだったので、彼も相当ドSになっていたようです(苦笑)
散々いやらしいことを言わされた後に、ようやく彼は愛子の体の中に入ってくれました。

『嗚呼!愛子の体は気持ちいい♪オルガビッグ使った後は特にイイ♪』
『そんなに気持ちいいの??』
『俺は愛子に飼いならされてドSになったんだぜ??(ニヤリ)』
『そんなこと、してないよ〜!!(恥)』

そんな会話をしながらも、お互いの吐息を感じていました。
彼が『もう限界!!出していい??』と言ってきたので『いいよ♪』と答えました。

ちょっと前までとは違う、彼の腰使い…とても激しく体の奥を突いてきます。
愛子の膣は普通の成人女性よりも短いらしく??すぐにポルチオに当たります。

そのポルチオを刺激されて、もっともっと感じてしまった愛子です。
彼が一息『あぁ…』と、言ったとき、彼が逝ったのだと感じました。

その後は、ふたりでまったりとして、添い寝していました。
愛子は彼のとても愛しいペニスをもてあそびながら(笑)

ひめはじめ…最高です♪(笑)
『愛の流刑地』をマジで観たくなりました…

ベットシーンがとてもエロくて美しいらしいです♪


◆メンバー登録されると無料で『お試しローション』プレゼント♪◆
ラルフリーフ事務局

↓愛子に御用のある方はこちらまで♪↓
aiko@ralphleaf.com

【2007/01/15 11:55】 オルガスター | TRACKBACK(-) | COMMENT(0)
top>>

この記事に対するコメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

top>>